ゴルフのダイヤモンド・カップ最終日は12日、千葉県総武CC総武(7333ヤード、パー71)で行われ、アマチュアの19歳、米沢蓮(東北福祉大2年、盛岡・見前中-盛岡中央高)が通算2アンダーの282で2位に入った。優勝した浅地洋佑とは1打差だった。

 ツアー参戦2戦目。最終日を首位と5打差、通算1オーバーの15位でスタートした米沢は5バーディー、2ボギー、3アンダーでラウンドし、この日トップの68をマークした。初日は4位と好発進。2日目は13位、3日目は15位と順位を落としたものの、最終日に浮上した。

 米沢はプロツアー初参戦となった昨年の日本オープンは33位。昨夏のジャカルタ・アジア大会の男子団体で金メダルを獲得した。