日本相撲協会は10日、大相撲夏場所(12日初日・両国国技館)の取組編成会議を東京・両国国技館で開き、2日目までの取組を決めた。新大関貴景勝は初日に平幕遠藤、2日目は元大関の平幕琴奨菊と対戦する。

 盛岡市出身で東前頭9枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は初日に西9枚目の友風、2日目は東8枚目の魁聖と当たる。

 白鵬の休場により一人横綱で臨む鶴竜は、初日に2連敗中の小結御嶽海との対戦が組まれ、2日目は平幕北勝富士の挑戦を受ける。大関豪栄道は北勝富士、大関高安が琴奨菊とそれぞれ初日に顔を合わせる。