岩手銀行(田口幸雄頭取)は本年度から、盛岡市中ノ橋通の同行赤レンガ館を本県産業の魅力を発信する拠点として活用する。赤レンガ館は盛岡のランドマークとして親しまれる観光スポット。その発信力を生かして「岩手パビリオン」化し、地方創生を促す。第1弾は「赤レンガ伝統工芸館」と題し、6~11月にかけて漆器や南部鉄器などを紹介。11月の伝統的工芸品月間国民会議全国大会岩手大会とも連動し、クラフト・イヤーを盛り上げる。

 赤レンガ館は1911(明治44)年落成の国指定重要文化財。2012年に支店としての営業を終え、16年から施設公開している。重厚感ある伝統建築として愛され、月平均約5千人の来館者がある県内有数の観光スポットだ。

 これまでは主に会場貸しで音楽会や作品展会場として利用されてきた。今後はこれと併せて、同行主催で岩手の産品の魅力を紹介するイベントを断続的に催す。