一関市舞川のみちのくあじさい園(伊藤達朗園主)は、初のしゃくなげまつりを20日まで開いている。大きく色鮮やかなシャクナゲが来場者の目を楽しませている。

 約400種、約4万株のアジサイのほか、20年ほど前からシャクナゲとカルミアを植栽。2・5ヘクタールの敷地に約50種、約300株のシャクナゲがあり、赤やピンクなどの花が咲き競う。

 午前9時~午後5時。入園料500円、小学生以下無料。6月2~16日は初のカルミアまつりを開く。