久慈市の本年度の教育旅行受け入れが始まった。仙台市の住吉台中(登嶋(としま)紀行校長、生徒169人)の2年生65人は、9日まで2泊3日の日程で滞在。シャワークライミングや民泊などを通し、自然豊かな久慈市の魅力を堪能した。

 8日は同市山形町でシャワークライミングを体験。内間木洞(うちまぎどう)のビジターセンター付近をスタートし、内間木川を約200メートル上った。生徒は冷たい水に驚きながらも、水しぶきを上げて滝をよじ登った。

 久慈市は5月末までに、仙台市と神奈川県横須賀市の8校計約千人を受け入れる予定。