高校野球の第66回春季東北地区県大会地区予選は30日、県北地区で代表決定戦2試合が行われ、久慈と久慈東が県大会の出場権を獲得した。

 久慈は終盤の猛攻で伊保内に17-5で大勝し、16年連続の県大会切符。久慈東は久慈工に3-2でサヨナラ勝ちし、3年ぶりの県大会出場を決めた。