葛巻町は老朽化が進む同町葛巻の役場庁舎を取り壊し、新庁舎の建設に乗り出す。現庁舎近くにある盛岡中央消防署葛巻分署を移転新築し、防災機能を強化するほか、住民の利便性を高めるため、金融機関や町商工会などの機能を集約。2019年度中の着工を見込み、20年度内の完成を目指す。

 新庁舎は鉄骨鉄筋コンクリート造り地下1階地上5階建て。延べ床面積は約9千平方メートルで、17年に移転新築した国保葛巻病院の跡地(約2・2ヘクタール)を活用する。

 新庁舎には新たな災害発生に備えるため、防災対策室も新設。約300人が収容できる多目的ホールも新設し、イベント開催時の活用を促す考えだ。