九回、1点差に追い上げてなおも1死一、三塁。西武の外崎修汰(富士大)は2球ボールが続いたところで「思い切っていってやろう」と腹をくくったという。直球一本に狙いを絞り、ハンコックの内角高めの速球を強振。2試合連続となる一発は左翼席上段への会心の3ランとなり、チームを今季初の逆転勝ちに導いた。

 打線は有原の前に八回まで散発3安打だった。外崎も3打席とも抑え込まれていた。投手交代を機に一気につかんだ逆転の好機で「何とか前に強い打球を打ちたい」との思いを実らせた。