楽天の銀次(盛岡中央高)が14年目で初めて捕手として出場した。3点を追う九回、マスクをかぶっていた足立の代打として出場した藤田の安打をきっかけにチームは5―5に追い付いた。だが、ベンチに捕手が残っていなかったため、入団時に捕手だった銀次が重責を任された。

 九回には懸命の送球で二盗を阻止。最後まで追加点を許さず「ただ必死になってやった」と安堵(あんど)の表情。平石監督から今季は緊急時には捕手で起用すると伝えられていたが「何も考えていない。集中した」と振り返った。