【マイリンゲン(スイス)共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は6日、スイスのマイリンゲンで今季開幕戦となるボルダリング第1戦の準決勝が行われ、女子は第一人者の野口啓代(TEAM au)が4課題全てをクリアしてトップタイの成績で上位6人による決勝に進んだ。伊藤ふたば(同、盛岡中央高2年)は2完登で敗退した。