花巻市の同市仲町と上町に完成した東日本大震災の被災者向け災害公営住宅「シティコート花巻中央」と、同住宅仲町棟に隣接する子育て世帯向け地域優良賃貸住宅「ル・サントル」の完成式は5日、現地で行われた。いずれも中心市街地にあり、関係者はまちなかの定住促進や活性化に期待を高めた。

 完成式は入居者や市職員ら約70人が出席。神事の後、上田東一市長が「子育て世代と震災で被災した方々に、この地で穏やかに過ごしてほしい。地域がますます発展することを願う」とあいさつした。

 シティコートは市が整備。鉄筋コンクリート造りで、仲町棟は3階建て延べ床面積約1448平方メートルで計21戸、上町棟は4階建て延べ床面積約910平方メートルで、1階にコンビニエンスストア、2~4階に計9戸を整備した。

 ル・サントルは民間が整備し、市が整備費などを一部補助する。木造2階建ての2棟で、A棟は延べ床面積約404平方メートルで6戸が入居、B棟は延べ床面積約269平方メートルで4戸が入居する。