選抜高校野球大会に出場した盛岡大付の報告会は5日、盛岡市の同校で開かれ、ナインは春夏連続の甲子園を目標に努力を続けることを誓った。

 2、3年生400人が出席し、ベンチ入りした18人と関口清治監督が登壇した。及川温大(あつひろ)主将(3年)は「夏に向けてチームを一からつくり直し、私生活から見直していく」と決意。関口監督は「夏は暑い甲子園で皆さんに応援していただけるよう、さらに頑張りたい」と力強く語った。

 盛岡大付は1回戦で21世紀枠の石岡一(茨城)に延長十一回3-2でサヨナラ勝ち。2回戦は龍谷大平安(京都)に1-9で敗れ、2年ぶりの8強進出を逃した。