県内で5日にも黄砂が観測される可能性があるとして、盛岡地方気象台は4日、今年初めて黄砂に関する県気象情報を発表した。視界が悪化し、交通障害になる恐れがあり、注意を呼び掛けている。

 同日午後3時現在、中国東北部で黄砂を観測。本県では前線が通過した5日午後に飛来が予想される。

 場所によっては見通しのきく距離が5キロ未満となり、屋外の洗濯物などに黄砂が付着する可能性がある。本県の最近の観測は2018年4月12日。