楽天11-2日本ハム

 楽天は今季最多タイの11安打で最多の11点を挙げ、連勝を5に伸ばした。主将の銀次(盛岡中央高)が今季初の3安打に4打点で打線をけん引した。「投手陣が良くてリズムがこっちに来ていたので、いい感じで打席に入れた」と表情を緩めた。

 効果的な打撃だった。一回、1点を先制してなお2死二、三塁。畳み掛けたいところで「追い込まれても食らいついていこうと思っていた」と2ボール2ストライクから斎藤の直球を右前へ運んで2点適時打とし、チームを勢いづけた。

 1点差に迫られて嫌なムードになりかけた六回には、1死から上原の内角速球を巧みに捉えて右翼線への二塁打とし、この回計8点を挙げる猛攻の口火をきった。打者一巡で回って来たこの回2度目の打席では、鍵谷から2点二塁打を放ち、試合の大勢を決めた。