5日は二十四節気の清明。天地がすがすがしく明るい空気に満ちる時季とされる。4日の県内は、寒気を伴った気圧の谷の影響で曇りや晴れとなり、一関市藤沢町の館ケ森アーク牧場(橋本晋栄社長)ではサンシュユが咲き誇っている。

 枝いっぱいの黄色い花が風に揺れ、青空に映える。同牧場営業部の篠原有香子さん(30)は「サンシュユが咲くといよいよ花のシーズンが始まったと感じる」と見上げた。サンシュユの見頃は今月中旬ごろまで。

 盛岡地方気象台によると、5日の県内は前線の影響で曇りや雨で、内陸は雷を伴う所がある見込み。