久慈市が2020年に劇場公開される映画「星屑(ほしくず)の町」のロケ地に決定した。ヒロインは約5年ぶりの実写映画への出演となる女優のん(本名・能年玲奈)さんで、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来の久慈でのロケとなる。5月上旬から同市など東北と北関東で撮影する。市は施設使用許可・申請やエキストラ募集などで全面支援する。

 配給は東映ビデオ(東京)。星屑の町はもともと、劇作家水谷龍二さんとタレントラサール石井さん、小宮孝泰さんによる「星屑の会」が1994年から約25年間上演してきた舞台作品。地方回りのムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く。

 星屑の町も含め、同市は北三陸地域で撮影される映画やドラマに無償で出演するエキストラを募集している。応募資格は久慈、洋野、野田、普代、田野畑の各市町村の在住者ら。詳しくは市ホームページ「北三陸・久慈ロケーションサービス」で。

 問い合わせは市観光交流課(0194・52・2123)へ。