2019.04.30

「チームの成長試したい」 大船渡・佐々木が意気込み

今季初の公式戦を前に意気込みを語る大船渡の佐々木朗希=大船渡市民文化会館
今季初の公式戦を前に意気込みを語る大船渡の佐々木朗希=大船渡市民文化会館

 プロ注目の好投手、佐々木朗希(3年)を擁する大船渡高野球部は29日、大船渡市内で会見を開いた。5月2日に春季県大会地区予選の初戦を控え、佐々木は「チームがどれくらい成長したのかを試したい。夏に向けて良い経験になると思う」と気合を入れた。

 千葉宗幸主将、佐々木とバッテリーを組む及川恵介(ともに3年)、国保陽平監督らが同席。県内外の18社、約40人の報道陣が集まった。

 佐々木は4月上旬にあった高校日本代表1次候補合宿の紅白戦に登板し、プロ野球スカウトのスピードガンで高校野球史上最速の163キロをマークした。合宿を通じて「全員の身体能力、技術のレベルが高かった。その経験をチームに伝えて個々の技術を磨いていきたい」とさらなる成長を期した。

関連リンク