盛岡市とIGRいわて銀河鉄道(浅沼康揮社長)は、同市下田の渋民駅の副駅名(愛称)を「啄木のふるさと」と決めた。同社の駅に副名を付けるのは3例目。渋民出身の歌人石川啄木(1886~1912年)の命日となる13日に、渋民駅前広場で副駅名導入記念式典を行う。

 導入に伴い、渋民駅に到着する前の列車内アナウンスで「啄木のふるさと」と放送するほか、駅舎やホームの駅名表示板に副駅名を記す。式典では列車内アナウンスのお披露目などを予定している。