一関市の萩荘市民センターで活動するいちご舎(小岩和子代表)は5月6日まで、同市東山町の幽玄洞売店で、暮らしを彩る一閑張りとうつわ展を開き、独創的で味わい深い作品約200点を展示即売している。

 一閑張りはかごやざる、バッグに地元の東山和紙を貼り、仕上げに渋柿を塗ったもの。独特の色合いがあり、水に強く軽くて丈夫だ。今回の作品展に合わせ、同市東山町のイラストレーター戸田さちえさんらと連携して作ったバッグなども出品した。

 営業は午前8時半~午後6時。問い合わせは幽玄洞観光(0191・47・3303)へ。