早池峰神楽の大償神楽保存会(阿部輝雄会長)は28日、花巻市大迫町内川目の神楽の館で、公演「春の舞」を行った。東京都や埼玉、秋田両県などからもファンが訪れ、奥深い神楽の世界を約4時間堪能した。

 鳥舞、天女、鐘巻、わらび折りなど9演目を披露。訪れた約150人が足の運びや手先の細やかな動きに見入り、舞の優雅さや勇壮さに時間を忘れた。

 阿部会長(68)は「春の舞は会員が新たに取り組んできた演目を初めて披露する場でもある。温かい目で見ていただけると励みになる」と感謝した。