陸前高田市の川の駅組合(畠山修一組合長)は28日、管理する同市横田町の川の駅よこたで、同施設の開業12周年記念イベントを開き、来場者が特大のり巻き作りなどを楽しんだ。

 好天の下、長さ18メートルの特大のり巻き作りは親子連れや住民ら40人以上が挑戦。のりの上に酢飯や卵焼き、キュウリを置いて丁寧に巻き上げた。

 同市矢作町の栗村咲良(さくら)さん(矢作小6年)は「みんなで協力してできてよかった」と満足げ。佐藤星恋(せれん)さん(同2年)は「巻くのが難しかったけれどおいしい」と笑顔で頬張った。