滝沢市砂込の盛岡農高(神山秀一校長、生徒589人)と八幡平市の平舘高(谷藤節雄校長、生徒183人)の演劇部は28日、盛岡市松尾町の盛岡劇場タウンホールで初の合同公演を行い、生徒たちは息の合った演技を披露した。

 盛岡農高の15人は自転車通学にこだわりを持つ男子高校生の恋模様を描いた「青冬(あおふゆ)」、平舘高の4人は、高校生が身体の性と心の性が一致しないトランスジェンダーを自覚する過程を描いた「トレース・ジャンパー」を上演。幕あいに両校合同で演じたコメディー「お米戦隊スイハンジャー」は会場を笑いに包んだ。