二戸市石切所の市シビックセンター(冬川昭則所長)の福田繁雄デザイン館で27日、同市ゆかりのグラフィックデザイナー故福田繁雄さんの第46回企画展が開幕した。福田さんの没後10年特別展で、感性鋭いポスターの数々を展示。大型連休中は同センターの田中舘愛橘(あいきつ)記念科学館で、科学の楽しさを知る体験教室も行い、同市の偉人の功績を発信する。

 同センターは本年度、企画展を3回開催。「福田繁雄の迷宮案内」の第1弾となる今回は、ポスター約130点を展示。「F」を図案化した作品のほか、倒壊の恐れがあったピサの斜塔の視覚的な保護を試みた「Self―Defense(自己防衛)」や大阪万博のポスターなどの代表作が並ぶ。

 福田繁雄の迷宮案内は7月15日まで。入館料は小中学生100円、高校生以上200円。午前9時~午後5時開館。休館日は月曜(祝日の場合は翌日)。連休中は無休。企画展、特別企画の問い合わせは同センター(0195・25・5411)へ。