マリナーズの菊池雄星(花巻東高)は26日午後7時10分(日本時間27日午前11時10分)開始予定のレンジャーズ戦に向け、ブルペンで15球を投げた。1イニングの短い登板が予定されており「そこで何か得るものというか、つかめるものがあるかも」と前向きに話した。

 ここまで立ち上がりに苦労する試合が多い。「いつも自分の軸となる球を探しながらという過程があるけれど、ブルペンで良かった球をとにかく全力で投げる」と意気込んだ。

(シアトル共同)