25日に宮古市の宮古港に初寄港した米大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス(乗客定員2706人)を同市は官民一体で歓迎した。乗客のうち8割は外国人客だが、食や郷土芸能、多彩な催しを通じ、言葉の壁を越えて市民と交流を深めた。

(26日付の岩手日報で特集)