「弘前さくらまつり」が開幕した青森県弘前市の弘前公園では、ソメイヨシノが園内と外堀で満開を迎えた。ボリュームのある桜が観光客らを包み込むように出迎える。

 同公園にある約2600本の桜のうちソメイヨシノは約1700本。一時期は樹勢が衰えたが、リンゴの木の剪定(せんてい)技術を応用して樹勢を回復させた。最も古いものは1882(明治15)年に植栽され、今も人々の目を引きつける。

(東奥日報社提供)

 【問い合わせ】弘前観光コンベンション協会(0172・35・3131)へ。

 【アクセス】JR弘前駅から徒歩で約20分、バスで約10分