紫波町は25日、改装工事を終えて27日にリニューアルオープンする同町佐比内のふる里レストランぶどうの樹(き)で、地元住民らを招いてオープニング式典を行った。地場産食材を生かした食事や軽食を提供し、集客力向上を目指す。

 住民らは大きな窓や淡い紫の壁で明るい印象となった店内で食事を楽しんだ。メニューは町産小麦を使用したラーメンや町産豚肉のカレーなど。4種のジェラートも新たに販売する。

 時間は午前10時~午後3時。年末年始までは無休。