岩手日報社は昨年に続き「~健康経営推進と脳卒中予防で健康長寿日本一へ~岩手県民健康応援キャンペーン2019」を実施します。

 本県の脳卒中死亡率は女性が全国ワースト、男性が同3位(2015年・厚生労働省人口動態統計)となっており、健康寿命も男女ともに全国平均を下回るなど多くの健康問題を抱えています。県民が脳卒中を予防して心身ともに質の高い生活を送り、一人一人が健康状態を自覚して健康的な生活習慣を確立するため、健康づくりや健康経営を支援する広告特集を掲載して機運醸成を図ります。

 行政や関係機関団体と協働し、健康管理を経営的視点から考え戦略的に実施する「健康経営セミナー」も開催します。県内の事業主に参加を呼び掛け、働き盛り世代の健康増進を支援します。セミナー詳細については後日お知らせします。

 ◇主催 岩手日報社

 ◇共催 県脳卒中予防県民会議

 ◇後援 県、岩手医科大、協会けんぽ岩手支部、県商工会連合会、県中小企業団体中央会、盛岡商工会議所、釜石商工会議所、一関商工会議所、宮古商工会議所、花巻商工会議所、奥州商工会議所、北上商工会議所、大船渡商工会議所、久慈商工会議所

 ◇特別協賛 アクサ生命保険

岩手日報社