田野畑村の三陸鉄道島越駅内に25日、地元の女性たちが食堂をオープンさせる。これまでは近隣に飲食店がなく、全線開通した同鉄道や北山崎断崖クルーズ観光船を目当てにした観光客らが食事することができなかった。同駅の空きスペースを活用して地元海産物などを使った料理を提供し、島越の魅力を発信。観光客と地域住民の交流促進にもつなげていく。

 食堂の名は「島越しおかぜ食堂」で、山口クリ子さん(72)、早野文子さん(70)、早野さち子さん(67)が中心メンバー。25日午前11時から営業し、地元海産物を使ったシーフードカレー(税込み800円)、海鮮丼(同1300円)、海鮮ラーメン(同800円)、手作りの郷土菓子・そふとかりんとうのコーヒーセット(同500円)などを提供する。

 土・日曜と祝日営業(25日~5月6日は無休)。午前11時~午後2時。