8月30日告示、9月8日投開票の県議選奥州選挙区(定数5)に、奥州市前沢白山の奥州市議鈴木雅彦氏(51)が立候補する意向を固めた。

 鈴木氏は23日、岩手日報社の取材に対し「地元の振興には達増知事が進める希望郷いわての実現が不可欠だ。これまでの経験を生かし、課題解決に力を尽くしたい」と決意を語った。政党に公認や推薦を要請するかは、今後立ち上げる後援組織と協議して決める。

 鈴木氏は奥州市前沢白山出身で、大東文化大中退。医療法人事務職員を経て2014年に奥州市議に初当選し、18年に再選した。市議会教育厚生常任委副委員長を務める。

 同選挙区で立候補を表明したのは9人目。