米大リーグ、マリナーズで初勝利を挙げた菊池雄星(花巻東高)の次回登板は、救援を先発起用する「オープナー」のように短いイニングになる可能性が出てきた。

 球数を制限し、負担を軽減することが狙いで、球団が菊池の入団時から温めてきたプランだ。21日、サービス監督は次回登板が26日(日本時間27日)に本拠地シアトルで行われるレンジャーズ戦との見通しを示した上で、近く起用法を決定するとした。