22日の県内は高気圧に覆われて全域で晴れた。宮古市では今季初のアサリ漁があり、多くの漁業者が浜へと繰り出した。

 同市金浜の金浜海岸では、潮が引いた浅瀬で漁業者らがアサリを探した。軽やかな音を立てて熊手を操り、4センチほどのアサリを次々と網に収めた。

 漁業者の男性(78)は「初日にしてはまずまずの量が採れた。アサリ漁が始まると宮古の海も春本番という気がする」と目を細めた。アサリ漁は6月6日まで計10回を予定している。