タイの厚生労働局総合病院とバンコク首都圏庁大学の医師や看護師ら約40人は20日、花巻市東宮野目のもとだて病院(高橋典克院長)や特別養護老人ホーム(特養)もとだて荘(高橋美加子施設長)などを視察した。24日まで秋田市や宮城県石巻市などを回り、日本の高齢者福祉を学ぶ。

 同荘では足が不自由な高齢者が車椅子に乗ったまま入浴できる浴槽や、高齢者の尊厳を守るため10人程度のグループで家庭的に暮らすユニットケアを見学。職員の勤務体制や入所費用について担当者が説明した。