盛岡信用金庫(浅沼晃理事長)は5月13日まで、桜の札所・絵画コンクール展を盛岡市盛岡駅前通の盛岡駅南北自由通路で開いている。県内小学生の作品50点を紹介し、春到来を告げている。

 色鉛筆、水彩、オイルパステルなど画材はさまざまで、繊細なものや迫力あるものなど個性豊かな作品がそろった。同金庫理事長賞に選ばれた仙北小6年の石川咲季さんは、北上川の岸辺に咲く桜並木を淡い色合いで描いた。