米大リーグは20日、各地で行われ、マリナーズの菊池雄星(花巻東高)はアナハイムでのエンゼルス戦に先発して5回を10安打4失点で、6度目の登板でメジャー初勝利(1敗)を挙げた。試合は6―5だった。デビューから1カ月、ようやく初白星をつかんだ。マリナーズの菊池はクラブハウスで仲間からビールをかけられ「みんなに祝福していただいて勝てるということは本当にうれしい」と穏やかな笑みを浮かべた。

 好投しながらリードをふいにされるなど、味方の援護を得られない場面がこれまで目立ったが、この日は逆だった。五回までに今季最多、毎回の10安打を浴びながら、打線と守備にもり立てられて何とか踏ん張る。「本当に苦しい投球だった。粘り強く投げることに徹した」と振り返った。

 決め球のスライダーが思うように決まらない中「一番信用できるボール」という直球で苦境を打開した。