北東北大学野球春季リーグ1部は21日、秋田市のさきがけ八橋球場で3試合が行われ、富士大は2-1でノースアジア大(秋田)に九回逆転サヨナラ勝ちした。岩手大は八戸学院大に4-5で九回サヨナラ負けを喫した。

 富士大は1点差の九回1死一、二塁、加藤元気(3年、神奈川・東海大相模)の中前打で同点。さらに1死満塁と攻め、代打藤田理志(4年、福島・聖光学院)が右前打を放ち試合を決めた。

 岩手大は四回に尾形太陽(3年、盛岡三)の犠飛、高山善亘(3年、北海道・函館中部)の適時打で2点を先制。3-1の八回には高山の右前適時打でリードを広げたが守り切れなかった。