2019.04.21

盛岡市内一周継走、21日号砲 315チーム出場

最終調整に励む長内中の選手たち=盛岡市・県営運動公園
最終調整に励む長内中の選手たち=盛岡市・県営運動公園

 第73回盛岡市内一周継走大会は21日、同市の県営運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで行われ、中学校、高校、一般の男女6部門で計315チームが争う。レースを翌日に控えた20日、選手たちは同競技場周辺で調整に励み、本番に向けて士気を高めた。

 沿岸部の中学校の多くは大会前日に盛岡入り。男女とも出場する長内(久慈)は、後半の走りを意識して1キロのペース走に汗を流した。

 21日は午前8時半から同競技場で開会式が行われ、同9時5分の中学校女子を皮切りにレースが始まる。

◇    ◇

岩手日報HPで速報

 岩手日報社は21日、岩手日報ホームページ(HP)で、同日開催される盛岡市内一周継走大会をリアルタイムで速報します。

 中学校男女、高校男女、一般男女の計6部門、上位6チームを1周ごとに速報。白熱するレースの様子をパソコンやスマートフォンなどでご覧いただけます。

関連リンク