野田村は5月1日から村営バスの運賃を完全無料化する。75歳以上の高齢者と中学生以下、障害者が無料でその他は一律100円を徴収していたが、村民や観光客らの利便性を高め利用拡大を図る。

 村営バスは15人乗りの中型バス2台で運行。平日は村周辺部の南坂、和野平と陸中野田駅、久慈工などを結ぶ8便と役場周辺を巡回する4便の計12便、土日祝は一部ルートを変更し、計8便を運行している。

 運行経路は従来通りで、バス停以外でも自由に乗降できる。2019年度の事業費は18年度とほぼ同額の約1100万円。1日当たりの利用者は多くても40人程度で、運賃収入は年間約15万円だった。村は、財政的影響が小さいとして無料化を決めた。