JR盛岡支社(石田亨支社長)は6月8、9の両日、運行5周年を迎えたJR八戸線のレストラン列車「東北エモーション」を三陸鉄道リアス線で特別運行する。久慈駅以南での運行は初めてで、沿岸地域の観光復興を図る。

 JR八戸線八戸駅から三陸鉄道釜石駅まで縦断する。8日は八戸駅を午前11時5分に発車し、釜石駅に午後6時43分に到着。9日は釜石駅を午前9時35分に出発し、午後4時7分に八戸駅に着く。

 「走るレストラン」をイメージした車内では、ホテルメトロポリタン盛岡(盛岡市)の総料理長ら一流シェフが手がけるコース料理を堪能できる。デザートのビュッフェも用意する。