八幡平市と秋田県を結ぶ観光道路、八幡平アスピーテライン(全長27キロ)の冬季通行止め区間(本県側10・6キロ)の開通式は15日、同市柏台の松尾八幡平ビジターセンター前で行われ、関係者が国内外の観光客受け入れへ気持ちを新たにした。同日は県境付近の路面凍結、積雪のため、終日通行止めとなった。

 アスピーテラインは5月末ごろまで、午後5時~翌日午前8時半の夜間は通行止め。道路情報は県道路情報提供サービス、同市観光協会のホームページで確認できる。