県ピアノ音楽協会宮古支部の会員による「みやこカンタービレ ザ クラシックライブ2019」は14日、宮古市磯鶏沖の市民文化会館で開かれた。聴衆はピアノの独奏や四手連弾、フルートとのデュオなどハーモニーに聞き入った。

 約300人が来場。会員12人が「トルコ行進曲」などクラシック8曲のほか、初の試みで「ジブリ」6曲を披露した。となりのトトロの「さんぽ」では、フルート、鍵盤ハーモニカ、ピアノの斬新なアンサンブルで来場者を魅了した。