釜石市で半世紀以上、営業を続けてきた居酒屋「お恵(けい)」が16日、同市大町の新店舗で再開する。仮設飲食店街の閉鎖による「休店」から約1年。もう少し釜石の夜を見たい―。同市の盛衰を知り、東日本大震災を経験した店主の菊池悠子さん(80)が新元号「令和」の幕開けを前に、再び歴史を刻み始める。

 営業は午後4時から同10時ごろを予定する。