達増知事は12日の定例記者会見で、2018~19年シーズンのノルディックスキー・ワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で個人総合優勝を果たした小林陵侑(りょうゆう)選手(22)=土屋ホーム、八幡平・松尾中-盛岡中央高=に県民栄誉賞を贈ると発表した。5月8日に盛岡市東中野町の知事公館で表彰式を行う。

 達増知事は「日ごろから岩手に心を寄せ、被災地の一日も早い復興を願いながら試合に臨む姿は県民に広く敬愛されている。岩手に大きな感動と明るい希望を与えてくれた」と理由を説明した。

 個人総合優勝に関しては「日本男子初、欧州勢以外でも初の快挙」と称賛。世界で活躍するトップアスリートの育成を目指す県事業の「いわてスーパーキッズ」1期生として「本県の子どもたちに夢と希望を与えた」と述べた。