一口大のチョコで知られるチロルチョコ(東京都千代田区、松尾裕二社長)は15日、全国の有名ブランドとコラボした「チロルご当地めぐり」シリーズを発売する。本県からは大船渡市のさいとう製菓(斉藤俊満社長)が製造する銘菓「かもめの玉子」が選ばれた。

 チロル社がご当地めぐりシリーズを発売するのは今回が初めて。黄身あんと黄身あん風味ペーストをホワイトチョコで包み込み、かもめの玉子の味を表現した。同社は、かもめの玉子が全国的な知名度があり、試食段階から食味が良かったことからコラボ相手に選んだ。

 1袋7個入りで130円(税別参考価格)。