花巻市教委は11日、西南学校給食センター(同市中笹間)が提供した西南中の給食に金属片が混入したと発表した。野菜裁断機のふたが破損し、長さ約2センチ、幅約4ミリのステンレス素材が混入。10日の給食で生徒が食事前に気付いたため、健康被害はなかった。

 市教委によると、金属片は同日調理したマカロニソテーに混入。キャベツを切っていた裁断機の回転した円盤状の刃とふたが接触して破損し、混入したとみて詳しい原因を調べている。金属片とふたの欠損部分の形状が一致した。混入を受けて同裁断機は使用を中止した。