釜石市小川町の酒造会社浜千鳥(新里進社長)は10日、同市大町のホテルサンルート釜石で、第30回浜千鳥のすべてを楽しむパーティーを開いた。約180人が豊かな味わいを堪能した。

 会場には昨年のインターナショナル・サケ・チャレンジで最優秀賞を受けた浜千鳥大吟醸や、22日発売の本格米焼酎纜(ともづな)12年貯蔵など31種が並んだ。出席者は飲み比べを楽しみ、会話に花を咲かせた。

 初めて参加した同市中妻町の会社員熊原佑太さん(26)は「今まで飲んだことがない銘柄も多かった。香り豊かでおいしい」と満面の笑みを浮かべた。