釜石、遠野両市で昨秋収穫したブドウを使った新作ワイン11種類を、遠野市のNPO法人遠野まごころネット(臼沢良一理事長)が5月に発売する。両市の畑で丹精込めて育てたブドウの多様な味が楽しめる。

 新作ワインは釜石市産9種類と遠野市産2種類のブドウを発酵。人気のあるシャルドネは爽やかなかんきつ系の味で魚介類に合う。ピノ・ノワールは渋みのあるしっかりした味で、肉料理に合わせるのがお勧めだ。

 いずれも750ミリリットル入り税込み2100~2800円。釜石市のイオンタウン釜石や遠野市のアサクラ酒店など酒販店数店舗に置くほか、県内各地での催事に出品する。