バスケットボール男子のBリーグは9日、東京都内で理事会を開いて2019~20年シーズンへ向けた第2回資格審査を行い、B3(3部)の岩手ビッグブルズなど4チームはB2ライセンスの交付が認められた。ブルズは財務基準の確かさなどを継続審議するとし、第1回審査での交付が見送られていた。

 B1(1部)福岡は資金繰りの問題を解消できず、B2(2部)ライセンス交付となった。福岡は29日までに一定の資金を確保できなければB2にも参戦できず、赤字を回避できずにライセンス交付を認められなかったB2金沢とともに来季はB3への入会となる見通し。

 B1勢で結論が持ち越されていた富山、滋賀は1部参戦を認められた。B2からB1へ申請した島根も資格を得た。B1参戦を目指したFE名古屋と西宮は認められず、B2ライセンス交付となった。