二戸市堀野の二戸高等看護学院(佐藤昌之学院長)は8日、同校体育館で卒業証書授与式を行った。卒業生31人が3年間を過ごした学びやへの感謝を胸に、看護の道へ歩みを進めた。

 卒業生や保護者ら約200人が出席。佐藤学院長が一人一人に卒業証書を手渡し「明るい未来は努力なしでは到達できない。笑顔を忘れず、感謝の気持ちを持って歩み続けてほしい」と式辞を述べた。

 卒業生を代表し大井里菜さん(21)=洋野町種市出身=が「看護師として医療の現場に立つことに不安もあるが、患者さんに寄り添うという気持ちを忘れずにこれからも努力していく」と決意を語った。