岩手競馬アワード授賞式(県競馬組合主催)は7日、盛岡市内のホテルで行われ、2018シーズンに182勝を挙げ、4年連続で最優秀勝利回数騎手賞に輝いた山本聡哉(としや)騎手(31)ら各部門の受賞者を表彰した。

 関係者、ファンら約250人が出席。勝利回数のほか、勝率、ベストフェアプレー賞、通算勝利1500勝と4部門でタイトルを獲得した山本騎手は「もっと勝てたレースがあったと思うが、表彰を受けありがたい。今後も安全第一にレースに臨みたい」と感謝した。

 19年度の岩手競馬は4月6日、「ともに翔(か)ける」をキャッチコピーに、水沢競馬場(奥州市)で開幕する。